LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

NTT空間情報/地図アプリ、一方通行・Uターン条件指定検索機能等追加

2018年11月12日/IT・機器

NTT空間情報は11月9日、地図Webアプリ開発支援ツール「GEOSPACE API」の新機能の提供を開始した。

<外部情報の地図重畳表示機能>
20181112ntt2 500x325 - NTT空間情報/地図アプリ、一方通行・Uターン条件指定検索機能等追加

「GEOSPACE API」は、詳細地図や航空写真の地図コンテンツを使ったアプリケーションを開発できるAPI。

ルート検索、多言語地図表示、マーカーやポップアップ表示など、多彩な機能をラインナップしており、動態管理システムや商用マップサービス開発などの様々な用途に、リーズナブルな料金で利用いできる。

<一方通行の指定検索機能>
20181112ntt4 500x143 - NTT空間情報/地図アプリ、一方通行・Uターン条件指定検索機能等追加

<Uターン条件指定検索機能>
20181112ntt3 500x142 - NTT空間情報/地図アプリ、一方通行・Uターン条件指定検索機能等追加

今回外部情報の地図重畳表示機能、一方通行とUターン条件指定検索機能を追加した。

物流分野では、一方通行とUターン条件指定検索機能を活用し、運搬ルートをもとに運搬経路図を作成することで、輸送運搬経路の周知や運搬経路における運行状況の把握など、各種業務支援ができる。

<KMLファイルの表示イメージ>
20181112ntt1 500x211 - NTT空間情報/地図アプリ、一方通行・Uターン条件指定検索機能等追加

KMLファイル(走行ログデータなど)を用意することで、地図上にデータを簡単に表示することができる。

詳細地図は、山間部や離島などを含む日本国土全域(約38万km2)をカバーし、道路、空港などの公共物や大規模商業施設約500件の建物住所情報を毎月更新している。

航空写真は、地上解像度25cm(都心部は16cm)の高解像度と広いカバレッジ(日本国土全域の約88%)を有している。

Webアプリ開発担当者様からのご要望に応え「GEOSPACE API」を30日間無料で利用できる「サンプル認証キー」を発行している。

Webアプリケーションの開発方法を解説する「GEOSPACE API 開発手引書」をホームページで無償公開している。

提供価格(税別)は、初期費用325,000円、年間利用料650,000円(1端末あたり)。

■「GEOSPACE API」を30日間無料
https://www.ntt-geospace.co.jp/cgi-bin/contact/index.cgi

■GEOSPACE API 開発手引書
https://www.ntt-geospace.co.jp/sample/geospace_api_sample/index.html

■問い合わせ
NTT空間情報
営業部 事業推進グループ
和田・小林
TEL:03-6802-7945

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース