LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

J&J/物流機能強化、羽田DCに自動倉庫型ピッキングシステム導入

2018年11月12日/IT・機器

ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は11月12日、全世界のJ&Jグループ会社で初めて導入した最新のロボット倉庫、「羽田ディストリビューションセンター(羽田DC)」(ヤマト運輸、羽田クロノゲート内)を公開した。

<羽田DCが入居する羽田クロノゲート>
20181112jnj1 500x334 - J&J/物流機能強化、羽田DCに自動倉庫型ピッキングシステム導入

<オートストア>
20181112jnj2 500x333 - J&J/物流機能強化、羽田DCに自動倉庫型ピッキングシステム導入

20181112jnj3 500x333 - J&J/物流機能強化、羽田DCに自動倉庫型ピッキングシステム導入

羽田DCは、J&Jが国内に設けている整形外科製品を取り扱う4か所の物流拠点(羽田、神戸、福岡、札幌)の1つで、羽田クロノゲート内の一部へ入居し、2015年1月に開設。整形外科領域で扱う数万点の製品を取り扱っている。

今回、物流機能の強化を図るため、保管棚を設置していた倉庫スペースの一画を利用し、自動倉庫型ピッキングシステム「オートストア」を導入し、10月下旬から本格稼働を開始した。

<オートストアの搬送ロボット>
20181112jnj4 500x333 - J&J/物流機能強化、羽田DCに自動倉庫型ピッキングシステム導入

<ピッキングポート>
20181112jnj5 500x334 - J&J/物流機能強化、羽田DCに自動倉庫型ピッキングシステム導入

導入したオートストアは、61台の搬送ロボットと1万5000箱の保管ボックスなどで構成。倉庫外部に設けられたピッキングポートと呼ばれる作業台からコンピューターで指示を出し、手元に届いた商品を作業員が出荷用のカゴに移す。

従来、羽田DCでのピッキングは、製品に関する高い専門性を備えた作業従事者が手作業で行ってきた。今回、オートストアを導入したことで、簡単なコンピュータ操作で誰もが熟練した作業従事者と同様に、ネジ類などの細かい部品や種類の多い製品、使用頻度の高い製品などのピックアップ作業を迅速かつ正確に行うことができるようになった。

また、導入前と比べて保管容量が4倍に増大したことで、高齢化に伴う整形外科領域製品の需要増にも対応。作業員が商品を探し歩く手間も省略できるため、業務の効率化や労働負担の軽減にもつながった。

<J&Jメディカルカンパニー デピューシンセス事業本部の岩屋バイスプレジデント>
20181112jnj6 500x386 - J&J/物流機能強化、羽田DCに自動倉庫型ピッキングシステム導入

J&Jメディカルカンパニー デピューシンセス事業本部の岩屋孝彦バイスプレジデントは、「整形外科領域では患者の体型や骨格ごとに異なるサイズの製品を取り扱っており、高齢化の影響で製品へのニーズも増大している。オートストアを導入したことで、今後も続く需要増に対応するとともに、将来にわたって適切な製品を的確に医療施設へ提供し続けるための体制が整った」とコメントした。

<ユーピーアールのサポートジャケットBb+PRO>
20181112jnj7 500x334 - J&J/物流機能強化、羽田DCに自動倉庫型ピッキングシステム導入

<サポートジャケットを着用して作業する様子>
20181112jnj8 500x334 - J&J/物流機能強化、羽田DCに自動倉庫型ピッキングシステム導入

今後、羽田DCでは、オートストアの導入に加え、荷物の上げ下ろし動作を補助するアシストスーツの導入も予定。現在、ユーピーアールの「サポートジャケットBb+PRO」を試験運用しており、運用の結果を踏まえて今後の導入や着数を決める予定だ。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース