LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

アルフレッサ/国際基準に準拠した保冷品の輸配送ツール開発

2018年11月29日/IT・機器

アルフレッサは11月29日、、医薬品の適正流通に関する国際基準である PIC/S GDPに対応した保冷品の輸配送ツールである「alf-GDP-Shipper」と、「alf-GDP-Container」を開発したと発表した。

<alf-GDP-Shipper>
20181129alferessa1 500x209 - アルフレッサ/国際基準に準拠した保冷品の輸配送ツール開発

<alf-GDP-Container>
20181129alfressa2 - アルフレッサ/国際基準に準拠した保冷品の輸配送ツール開発

「alf-GDP-Shipper」「alf-GDP-Container」は、厳格な温度管理等が求められる PIC/S GDPに対応した輸配送ツールとして、アルフレッサ温度管理技術研究所で様々な外気温を想定した保管・輸送での品質保証の検証を実施し、開発した。

夏期だけではなく冬期においても一定の温度帯に維持する厳密な温度管理が可能であり、より高品質な輸配送を実現する。「alfGDP-Shipper」は主に医療機関や調剤薬局等への保冷品を配送する際に使用し、「alf-GDP-Container」はアルフレッサの拠点間を輸送する際に使用する。

「alf-GDP-Shipper」の特徴は、主に保冷品を医療機関へ配送する際に使用する専用保冷箱で、輸配送の時間や物量に合わせて最適な大きさを選択することが可能。多くの保冷管理の必要な医薬品の保管温度である 2~8℃を8時間以上維持する。また、「アルミ内壁加工」によって保冷箱内の温度を均一に保ち、「蓄熱シートの搭載」により、凍結や 2℃未満の温度逸脱を防止する。

「alf-GDP-Container」は、保冷品をアルフレッサの拠点間で輸送する際に使用する専用コンテナ。多くの保冷管理の必要な医薬品の保管温度である2~8℃を 12時間以上維持する。高性能真空断熱材(VIP)を搭載している。「蓄熱シートの搭載」により、凍結や 2℃未満の温度逸脱を防止する。

今後、医療用医薬品等卸売事業でのアルフレッサグループ各社への展開を予定しており、グループ全体で医薬品の輸配送の温度管理技術の品質向上と標準化を図る。

アルフレッサは、PIC/S GDP やスペシャリティ医薬品等に対応した資材、システム等の開発を推進し、「alf-GDP-Solutions」という名称で高度温度管理物流を展開し、安心・安全で高品質な医薬品流通を通じて地域医療へ貢献していくとしている。

なお、アルフレッサグループは、「16-18 中期経営計画 明日への躍進」において、医療用医薬品等卸売事業の重点施策として「営業改革・物流改革」を掲げ、物流機能の高度化を推進している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース