エア・ウォーター/低温輸送の桂通商の株式取得

2020年04月03日 

エア・ウォーターは4月1日、西日本を中心に低温輸送に強みを有し、運送、倉庫業を展開する桂通商の株式90%を2020年4月1日付で取得したと発表した。

<西脇物流センター>
西脇物流センター

<京都物流センター>
京都物流センター

桂通商がエア・ウォーターグループに加わることで、西日本での物流事業が強化されるとともに、グループ全体で取り組みを進めている物流の効率化にも大いに寄与するものとなる。

また、同社が強みをもつ青果物輸送に関しては、エア・ウォーターグループの農業・食品事業と連携し、新事業の創出にも取り組んでいく。

今後、エア・ウォーターが保有する全国に広がるネットワークと多彩な経営資源に、桂通商が有する機動力と西日本におけるインフラを掛け合わせることにより、新たな物流サービスを展開していくとしている。

なお、桂通商は、京都市に本社ならびに低温倉庫、兵庫県西脇市に大型の一般倉庫を有する西日本を中心とした物流企業。同社は創業以来、低温分野のなかでもとりわけ青果物輸送にノウハウと実績を有しており、自社車両や自社倉庫などの物流インフラを活用し、産地から市場そして小売店舗への物流体制を構築している。

また、西脇市に有する倉庫拠点は延床面積1万2000坪の大型倉庫であり、日用生活雑貨品の西日本におけるハブ倉庫としての役割を果たしている。

■桂通商の会社概要
本社所在地:京都府京都市南区上鳥羽麻ノ本13
売上高:35億6100万円(2019年8月期)
従業員数:130名
車両台数:84 台
主な拠点 :京都物流センター(京都府京都市南区)
西脇物流センター(兵庫県西脇市)

最新ニュース

物流用語集