エーアイテイー/2月期の売上高62.0%増、営業利益2.1%増

2020年04月13日 

エーアイテイー(AIT)が4月13日に発表した2020年2月期決算の業績は、売上高450億300万円(前年同期比62.0%増)、営業利益15億7500万円(2.1%増)、経常利益19億4700万円(14.3%増)、親会社株主に帰属する当期純利益13億2500万円(13.5%増)となった。

日本の売上高は354億4300万円(61.4%増)となり、営業利益は、取得原価の配分(PPA)により認識した顧客関連資産の償却やのれん償却額を含む販売費及び一般管理費の増加により10億7200万円(22.4%増)となった。

中国の売上高は84億3200万円(62.4%増)となり、営業利益は、取得原価の配分(PPA)により認識した顧客関連資産の償却やのれん償却額を含む販売費及び一般管理費の増加が影響し、4億1000万円(37.6%減)となった。

来期は、現時点では未定としている。2021年2月期の連結業績予想の開示が可能となった時点で配当予想を速やかに公表するとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集