LEVO/物流脱炭素化を実現する先進技術導入促進事業公募開始

2020年04月13日 

環境優良車普及機構(LEVO)は4月10日から、「令和2年度 社会変革と物流脱炭素化を同時実現する先進技術導入促進事業」の公募を開始した。

補助対象となる事業は、「自立型ゼロエネルギー倉庫モデル促進事業」「過疎地域等における無人航空機を活用した物流実用化事業」「トラック輸送高効率化支援事業」の3事業。このうち、トラック輸送高効率化支援事業には、「連結トラック導入支援事業」「スワップボディコンテナ車両導入支援事業」が含まれる。

公募の期間は、2020年4月10日~2020年5月14日17時まで。

環境優良車普及機構では、環境省から令和2年度 二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(社会変革と物流脱炭素化を同時実現する先進技術導入促進事業)の交付を受けている。

それにより、物流のCO2排出量削減とともに人口減少・高齢化に伴う労働力不足、地域の物流網維持、防災・減災等の課題解決を図り、社会変革を同時実現するため、社会課題と物流の脱炭素化・低炭素化の同時解決を図る先進的な設備の導入を行う事業に対する補助金(二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(社会変革と物流脱炭素化を同時実現する先進技術導入促進事業))を交付する事業を実施している。

■物流脱炭素化を実現する先進技術導入促進事業
http://www.levo.or.jp/fukyu/butsuryu/index.htm

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集