英国日通/ヒースロー空港近郊の倉庫でWDAとGDP認証を取得

2020年05月21日 

英国日本通運は5月12日、ロンドンヒースロー空港近郊の自社倉庫内で、英国MHRA(Medicines and Healthcare Products Regulatory Agency、医薬品・医療製品規制庁)が定める医薬品の適正な流通基準であるWDA(Wholesale Distributor Authorisation)とGDP(Good Distribution Practice)を4月15日を発効日として当局が発行する正式な認証として取得したと発表した。

<温度管理倉庫室内>
温度管理倉庫室内

<英国日通外観>
英国日通外観

英国日通は自社倉庫内に、-18℃(冷凍)、2℃~8℃(冷蔵)、15℃~25℃(定温)の3温度帯の温度管理機能を備えた空調施設を新設した。今後は、同施設による一時保管業務と英国日通の国際温度管理輸送サービスを組み合わせ、医薬品産業の顧客の物流ニーズに対応するとしている。

英国は、世界的大手製薬企業に加え、数多くの中小規模のバイオ医薬企業や世界的水準の大学・研究機関が数多く存在し、医薬品開発と製造の集積拠点となっている。

■施設概要
名称:英国日本通運 ロンドン支店TEMPERATURE CONTROLLED HUB
(NIPPON EXPRESS (UK) LTD. LONDON BRANCH TEMPERTURE CONTROLLED HUB)
住所:HEATHROW 360, 2 MILLINGTON ROAD, HAYES, MIDDLESEX UB3 4AZ, UK

最新ニュース

物流用語集