大和ハウス/広島市に中四国最大規模9.6万m2の物流施設着工

2020年05月29日 

大和ハウス工業は5月29日、広島市西区の空港跡地において中国・四国地域で最大規模の物流施設「DPL広島観音」を6月1日から着工すると発表した。

<「DPL広島観音」(イメージ図)>
「DPL広島観音」(イメージ図)

<「DPL広島観音」計画地>
「DPL広島観音」計画地

「DPL広島観音」は、1フロアあたりの面積が約1.9万m2(1フロア当たりの賃貸面積1.3万m2)、延床面積が約9.6万m2(「MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島」の約2.7倍)と、ともに中国・四国地域最大の物流施設。

施設は、地上5階建てで、最大10社(各階2社)のテナント企業が入居できる。45フィートトラックが最大32台接車可能なトラックバースや、各階に直接乗り入れることができるらせん状のランプウェイを設置するため、荷捌きなどの作業効率を向上できる。

「DPL広島観音」は、山陽自動車道路「五日市IC」と「廿日市IC」から約10kmと近接しており、中国・四国地域だけではなく、関西、北陸、九州地域へのアクセスも容易。

また、広島市中心部から約5kmに位置しているため、職住近接の就労環境も整っている。広島港から約3kmに位置しており、化学工業品や金属などの海運輸送を中心とするテナント企業から市内中心部へのアクセスを主とする企業まで幅広いニーズに対応できる。

さらに、工業団地「広島イノベーション・テクノ・ポート」内に開発するため、工業団地内に進出する工場などとも連携を図ることができる。

「DPL広島観音」では、水害対策を推進する。水害対策としては、地盤面と倉庫フロアを引き上げることで、「広島市洪水ハザードマップ(高潮編)」の想定最高潮位よりも高い床面高(東京湾平均海面+4.4m)とするため、台風や高波などによる水害リスクを低減できる。

■建物概要
名称:「DPL広島観音」
所在地:広島県広島市西区観音新町4丁目2874番165 他4筆工業団地「広島イノベーション・テクノ・ポート」内
交通:山陽自動車道路「五日市インターチェンジ」および「廿日市インターチェンジ」から約10km
敷地面積:3万9551.75m2
延床面積:9万6558.52m2
構造・規模:重量鉄骨造 5階建て
設計・施工:フジタ
着工日:2020年6月1日
竣工日:2021年11月30日(予定)
総事業費:約180億円

最新ニュース

物流用語集