ENEOS、ゼロスペック/灯油配送最適化事業でパートナー契約

2020年06月30日 

ENEOSとゼロスペックは6月29日、IoT技術(スマートセンサーおよびモニタリングシステム)を活用した灯油配送最適化事業に関し、パートナー契約を締結したと発表した。

この事業は、ゼロスペックが開発したIoTスマートセンサーを顧客の灯油ホームタンクに設置し、タンク内の在庫情報を取得する。在庫情報をモニタリングすることで、最適な配送タイミングを把握し、効率的な配送を可能とする。

2018年度から北海道および東北エリアで実証実験を実施し、配送にかかる走行距離や時間の削減効果などの有用性を確認した。最適な配送の実現により、顧客にタイムリーに灯油を届けるとともに、灯油配送事業者が直面している人手不足および配送経費の削減といった課題の解決が期待されるとしている。

パートナーシップ契約締結による協業を機に、2020年度下期より北海道および東北エリアのENEOS系列特約店へ展開し、将来的には、展開エリアの順次拡大やA1分析による最適配送計画の自動策定、さらには、その他の油種への転用や取得情報の需要予測などへの有効活用を目指す。

最新ニュース

物流用語集