三菱ふそう/先進安全装置搭載の新型電気小型トラックを発表

2020年08月20日 

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は8月20日、電気小型トラック「eCanter」に強化した安全装備を搭載し発表した。

<新型電気小型トラック「eCanter」>
20200820mftbc1 520x347 - 三菱ふそう/先進安全装置搭載の新型電気小型トラックを発表

このモデルは日本国内にて8月よりリース販売を開始し、今後は欧州及びアジア太平洋地域でも随時販売を開始する。

<衝突被害軽減ブレーキAEBS>
20200820mftb2 520x287 - 三菱ふそう/先進安全装置搭載の新型電気小型トラックを発表

新規搭載された衝突被害軽減ブレーキ「Advanced Emergency Braking System:AEBS」は、フロントバンパーに搭載した高精度ミリ波レーダーが前方の走行車両または静止車両や動いている歩行者を検知し、衝突の危険を察知するとドライバーに警報を発し、ブレーキを作動して衝突回避をサポートする。

<車両安定性制御装置ESP>
20200820mftbc3 520x297 - 三菱ふそう/先進安全装置搭載の新型電気小型トラックを発表

また、車両安定性制御装置「Electronic Stability Program: ESP」が車両姿勢をセンサーで常時検知し、カーブでの横転等の危険性が生じた場合、モーター駆動や4輪のブレーキ力を制御し、車両姿勢を適正な状態にして横転の危険回避を支援する。

さらに、車両逸脱警報装置「Lane Departure Warning System: LDWS」はウィンカー操作を行わずに車両が車線を逸脱した場合、白線認識カメラが車線逸脱を検知し、ドライバーにブザーで注意を喚起し、ドライバーの安全運転をサポートする。

「eCanter」は従来のディーゼル車と比較して騒音がなく、振動も少ないため、市街地での深夜・早朝稼働の配送ニーズにも対応し、特に都市内輸送に適している。

さらに、夜間にも充電できるため、作業時間の効率化やドライバーの負担軽減にもつながる。2017年に日本をはじめグローバルで販売を開始して以来、これまでにルート配送や店舗への商品配送等の配送用トラックとして活用されている。

「eCanter」はこれまで既に世界全体で160台以上が稼働中で、合計200万キロ以上の走行実績があり、環境に優しく経済性に優れていることが証明されている。「eCanter」は、車両総重量7.5トンクラス、急速充電では最大約1.5時間、普通充電では最大約11時間の充電で、航続距離は約100kmを確保している。電気駆動システムには、モーター(最大出力135kW、最大トルク390Nm)と、370V・13.5kWhの高電圧リチウムイオンバッテリーパックを6個搭載している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集