ZMP/セイコーエプソングループ企業のパレット搬送を自動化

2020年08月20日 

ZMPは8月20日、物流支援ロボット「CarriRo AD+」のパレット積載タイプが、セイコーエプソングループの秋田エプソンで導入されたと発表した。

<折り畳みコンテナを載せたパレット台車を搬送するCarriRo AD+>

秋田エプソンは、3月から「CarriRo AD+」1台を導入し、倉庫から製造現場までの仕掛品搬送を自動化。往復300m程度のルートを1日最大30回行っていた搬送作業を完全自動化したことで、作業者の負担を軽減し、空いた時間を他の作業や業務改善に充てることが可能になった。

CarriRoの導入にあたっては、走行性能、安全性、最大600kgの可搬重量、ランドマークでのルート設定で経路やアクションを自由に設定・変更できる、といったCarriRoの特徴が決め手となった。

今後は、CarriRoの稼働率を向上させ効果の拡大を目指すとともに、他部署でのCarriRo導入も検討していく方針。

最新ニュース

物流用語集