日本郵船/オンラインツールを用い重大事故対応訓練を実施

2020年08月24日 

日本郵船は8月21日、安全キャンペーン「Remember Naka-no-Se」活動の一環として、運航する大型ばら積み船が津軽海峡で旅客船と衝突する事故が発生したという想定に基づき、重大事故対応訓練を実施した。

国土交通省海事局、第一管区海上保安本部、函館海上保安部、海上保安庁警備救難部の社外関係者の協力も得て、関係各所との連携を実践的に訓練するとともに、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、在宅勤務中の社員が数多くいるという状況下で、オンラインツールを用いた緊急時コミュニケーションの練度を高め、また見つかった課題の整理も行った。

事故は、津軽海峡を航行中のばら積み船が旅客船と衝突し、船体側壁の損傷個所に生じた亀裂から貨物の石炭が一部海上に流出。旅客船の乗客に落水者が発生したとの想定。

訓練の流れは、ばら積み船の船舶管理会社から事故発生の連絡を受け、ただちに事故対策本部を設置。新型コロナウイルス感染拡大防止のために継続している在宅勤務体制下の社員が過半を占めるという想定で、オンラインツールを用いたコミュニケーションを基本とする。

そして、この事故に関する情報を国土交通省海事局及び第一管区海上保安本部に連絡。

損傷を受けたばら積み船の船体及び、付近航行船の安全確保とともに、旅客船からの落水者の救助などの対応について、第一管区海上保安本部と連携。

事態の進展に合わせて適切に情報を開示、といった流れで訓練を進めた。

最新ニュース

物流用語集