西鉄/高速バス貨客混載で九州産品を福岡都市圏へ輸送

2020年08月28日 

西日本鉄道は8月28日、高速バスの空きスペースを活用した貨客混載の取り組みを開始すると発表した。

<事業スキーム>

この取り組みは、全国から首都圏に向けた高速バスによる貨客混載事業を手がけるアップクオリティが主体となって実施する。

高速バスの空きスペースを使って九州各地の特産品を天神・博多へ輸送し、商業施設やバスターミナルで開催するマルシェで販売するほか、西鉄グループの飲食店で食材として提供する。

<マルシェ>

第1弾として、9月2~15日にかけて、宮崎交通の協力を得て、福岡と宮崎を結ぶ高速バスを活用し、宮崎の特産品を福岡へ輸送する。

天神で開催するマルシェでは、当日の朝採れたての新鮮な野菜や加工品などを販売。また、西鉄プラザが運営する飲食店で特産品を活用した特別メニューを提供する。

九州産品の貨客混載輸送については、将来的に東京や名古屋など本州都市圏への展開も目指している。

最新ニュース

物流用語集