ANA/積み付けロボットと自動運転トーイングトラクターを接続

2020年09月25日 

ANAは9月28日から10月5日までの間(土・日除く)、実際のオペレーションにおいて、手荷物積み付けロボットと、これまで実証実験を重ねてきた自動運転トーイングトラクターとの接続により、顧客から預かった手荷物を航空機に搭載する一連の工程で、自動化の領域を広げていく。

<積み付けロボットと自動運転トーイングトラクター>
積み付けロボットと自動運転トーイングトラクター

今回の取り組みを通じて、安全性をはじめ、定時運航を前提としたオペレーション品質や、作業工程前後での連携などのハンドリング面での検証・確認をおこない、人の役割の見直しならびに新たな働き方の構築につなげる。

なお、ANAグループでは、空港地上支援業務の Simple&Smart 化の実現に向けて、九州佐賀国際空港(佐賀空港)をイノベーションモデル空港として位置付け、先進技術の集約・可視化を図るとともに、個別の技術検証や実証実験を進めてきた。

今年3月には、国内では初めて、ロボットによるバルクカートへの手荷物の積み付けを実用化し、今まで全てを人が担っていた業務で、人とロボットの協働を通じて、顧客の手荷物をより安全かつ効率的に積み付けることができるようになった。

ANAグループは、引き続き、イノベーションモデル空港である佐賀空港で、先進技術を「集め」、「つなげ」、人の役割・働き方を「変える」取り組みをおこない、空港オペレーションの Simple&Smart 化を加速していく。その取り組みを通じて、誰もが働きやすい職場にしていくと同時に、サービス品質のさらなる向上により、利用する顧客に「あんしん・あったか・あかるく元気」なサービスを提供していくとしている。

■手荷物積み付けロボット
概要:天吊りされたロボットアームにより、ベルトコンベア上の手荷物を吸着しバルクカートへ移載
積付速度:平均26秒/個
対象形状:キャスター付ハードケース
対象サイズ:幅 350~600mm 長さ 500~800mm 高さ 220~350mm
対象重量:30kg 以下

最新ニュース

物流用語集