NTTロジスコ/メディカルライナー神奈川県内ルート配送開始

2020年11月11日 

NTTロジスコは11月11日、医療機器物流の3PL事業を運営するメディカルロジスティクスセンターで、共同配送サービス「メディカルライナー」の新ルートである神奈川県内ルート配送サービスの運用を開始したと発表した。

<メディカルライナー配送対象エリア>
メディカルライナー配送対象エリア

2018年3月より北関東エリアで運用を開始した医療機器物流の共同配送サービス「メディカルライナー」は、その後、東京・千葉・埼玉3県に対象エリアを拡大してきた。

安定した納品時間と配送品質により、荷主である医療機器メーカーおよび納品先である医療機器ディーラーの双方から好評を得ているという。

そこで、サービス拡大を図るべく医療機器ディーラーの拠点が集中する神奈川県横浜市を中心に、配送対象エリアを拡大したもの。

さらに、2020年11月からは配送管理システムを利用した配送トレース管理を導入した。配送管理システムでは、ドライバーが送り状ラベルに印字されたバーコードを集荷や配達時に読み取った時点で、「メディカルライナー」利用企業では車両の配送状況に加え、荷物単位での集荷や配達完了等のスタータスをWeb上でリアルタイムに確認することが可能。また、希望の利用企業には、配達完了データを提供することも可能だ。

今後メディカルロジスティクスセンター内および平和島近隣に物流拠点を保持する多くの医療機器メーカーおよび医療機器ディーラーにこのサービスを提供すると共に、関西・九州・北海道エリアを対象とした新ルートを構築する予定。さらに、インプラント製品や手術用器械の整形外科分野の医療機器商材に特化した新ルートの構築も計画している。

最新ニュース

物流用語集