丸運/名古屋物流センターで新型コロナウイルス感染判明

2020年11月13日 

丸運は11月13日、愛知県弥富市の名古屋物流センターでグループ従業員1名が新型コロナウイルスに感染したことを確認したと発表した。

この従業員は、12日に医療機関にてPCR検査を受けたところ、新型コロナウイルスの陽性と判定された。なお、この従業員は、現在、入院療養している。

従業員が勤務する職場は、消毒作業を実施している。社内調査の結果、この従業員との濃厚接触者は確認されていない。

同社では、今後も顧客をはじめとする関係者の人々と従業員の安全確保を最優先に考え、感染拡大防止に努めていくとしている。

最新ニュース

物流用語集