プロロジス/東京都足立区で5200m2の都市型物流施設を竣工

2020年11月18日 

プロロジスは11月18日、東京都足立区入谷で、都市型賃貸用物流施設「プロロジスアーバン東京足立1」を竣工したと発表した。

<プロロジスアーバン東京足立 1>
プロロジスアーバン東京足立 1

<倉庫内観>
倉庫内観

「プロロジスアーバン東京足立1」は、約2600m2の敷地に3階建て延床面積約5200m2の都市型物流施設として開発。東京北部・埼玉の消費地をカバーする好立地に位置している。

一般道を使用して30分圏内では、東京都足立区、板橋区東部、埼玉県川口市、草加市、八潮市などへの配送をカバーすることが可能。60分圏内では東京駅以北の都内エリアや、埼玉県広域をカバーすることができ、迅速な配送が必要となるEC事業や、ラストワンマイル拠点としても最適な立地。

また、日暮里・舎人ライナー「舎人公園」駅、「舎人」駅からいずれも約18分の地点に立地し、公共交通機関も利用しやすく、従業員確保にも有利な立地である。

最大賃貸面積は 1500坪であり、700坪と800坪の2区画に分割し、2社への賃貸が可能だ。荷物用エレベーターを2基備え、区画ごとの専用利用が可能な計画となっている。

また、高付加価値の荷物保管も想定し、警備会社と連携したセキュリティシステムを導入しているほか、遠隔からも監視できるネットワークカメラを採用している。

城北エリアは新規の物流施設・倉庫の供給が少なく、高機能な新築物流施設は非常に希少である。家電など家庭消費財の流通・小売業からの地域配送ニーズ、ECの即日配送ニーズを想定しており、引き続き入居企業を募集している。

■施設概要
名称:プロロジスアーバン東京足立 1
開発地:東京都足立区入谷 7-18
敷地面積:2551.43m2
延床面積:5171.03m2
構造:地上3階建、S造
着工:2020年2月
竣工:2020年11月

最新ニュース

物流用語集