東京建物、東京ガス/環境配慮の取組で協業

2021年01月13日 

東京建物は1月13日、東京ガスと再生可能エネルギーを活用した環境配慮の取組みを実施するための基本協定書を2020年12月に締結したと発表した。

<自己託送事業のイメージ図>

20210113tokyo21 520x178 - 東京建物、東京ガス/環境配慮の取組で協業

両社による取組みの第1弾として、東京建物が開発した物流施設「T-LOGI(ティーロジ)久喜」に可能な限り大容量の太陽光パネルを設置する。発電した電力は施設構内で消費し、環境に配慮した物流施設としてZEBの認証を取得。余剰電力は、東京建物が所有する商業施設「スマーク伊勢崎」に東京ガスグループのサービス「ソーラーアドバンス」の仕組みを活用して自己託送する。

東京建物では、今後建設を予定している物流施設「T-LOGI」シリーズでも「T-LOGI久喜」と同様に太陽光パネルの設置や省エネルギー化を推進し、環境配慮型物流施設(ZEB物流)を実現する。

東京ガスは、「T-LOGI」シリーズの複数の物流施設から「スマーク伊勢崎」へ電力融通する自己託送事業モデルを、グループ初の試みとして構築していく。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集