フジコー/火災焼失の一関工場を投資額8億円で再建へ

2021年03月10日 

フジコーは3月10日、火事で焼失した一関工場の再建を行うと発表した。

一関工場は2020年10月30日に構内で発生した火災事故でね製造A棟の建物、機械設備を全焼し、再建に向けた検討を進めていたもの。

このほど、同社にとって一関工場で取組む自動車部品の製造は、将来にわたり重要な事業として位置付けており、将来においても事業の継続が可能であるとの判断から、生産能力の拡大も含め再建を行うこととした。

着工は、2021年3月、操業開始日は2022年4月予定。

■工場の概要
名称:フジコ− 一関工場
所在地:岩手県一関市東台 14-66
再建設備:建屋及び自動車用内装材製造ライン一式
投資予定額:8億円

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集