国際物流総合展2021開幕/初の愛知開催、245社が出展

2021年03月09日 
関連キーワード:

国内最大級の物流・ロジスティクスの展示会「国際物流総合展2021」が3月9日、愛知県常滑市の「Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)」で開幕した。

<会場となったAichi Sky Expo>
20210309butsuryuten 520x261 - 国際物流総合展2021開幕/初の愛知開催、245社が出展

<主催者や実行委員会の代表者等によるテープカット>
20210309butsuryuten1 520x247 - 国際物流総合展2021開幕/初の愛知開催、245社が出展

これまで同展示会は東京で開催してきたが、今回は産業別で来場者が最も多い「製造業」の集積地である愛知県で開催することで、多くの来場者を呼び込む狙い。会期は3月12日まで4日間で、延べ3万人の来場を見込む。愛知県での開催は今回が初めて。

なお、今回はコロナ禍での開催となったことから、3密回避のため新たな運営ガイドラインを設けるとともに、オンラインを活用した「バーチャル物流展」も会期初日から5月末まで提供。Web上で出展製品・サービス情報の閲覧や資料ダウンロード、出展者への問い合わせが可能となっている。

<初日の会場内>
20210309butsuryuten2 520x346 - 国際物流総合展2021開幕/初の愛知開催、245社が出展

今回のテーマは「ロジスティクスのRe Design」とし、最新の物流機器やシステム、情報等のソフトとハードが一堂に結集。会場となった「Aichi Sky Expo」は中部国際空港に隣接する国内最大級の展示場で、今回は展示ホールC~Eを使用し、245社・775ブースが出展している。

展示ホールは例年の半分程度(約3万m2)の広さで、出展ブースの広さが限られた中、各社が工夫を凝らした展示を行っていた。

<オカムラ>
20210309butsuryuten3 520x326 - 国際物流総合展2021開幕/初の愛知開催、245社が出展

<ピッキングロボット「Right Pick」>
20210309butsuryuten4 520x346 - 国際物流総合展2021開幕/初の愛知開催、245社が出展

<カゴ車自動搬送ロボット「ORV」>
20210309butsuryuten5 520x346 - 国際物流総合展2021開幕/初の愛知開催、245社が出展

実機を展示している企業の中では、オカムラが「ロボティクスで創る物流のニューノーマル」と題し、ロボットストレージシステム「Auto Store」のほか、RIGHT HAND ROBOTICS社製のピッキングロボット「Right Pick」や、カゴ車自動搬送ロボット「ORV(Okamura Robot Vehicle)」を展示し、各機のデモンストレーションを披露していた。そのほかでは、タマディックやPhoxter、匠といった企業がAGVやAMR等を展示し、デモンストレーションを行っていた。

<日本通運>
20210309butsuryuten6 520x346 - 国際物流総合展2021開幕/初の愛知開催、245社が出展

<日通商事の低温輸送ソリューション>
20210309butsuryuten7 520x346 - 国際物流総合展2021開幕/初の愛知開催、245社が出展

物流事業者では、日本通運や日立物流、鴻池運輸などが出展している。

日本通運は日通商事との共同展示で、食品やワクチンの低温輸送ソリューションに焦点を当て、同社が販売を代行するリーファーコンテナやコールドロールボックス、-70℃以下を保持できる断熱ボックスなどの機器を紹介している。

<日立物流>
20210309butsuryuten8 520x331 - 国際物流総合展2021開幕/初の愛知開催、245社が出展

<レンタルビジネス向けソリューションの展示>
20210309butsuryuten9 520x346 - 国際物流総合展2021開幕/初の愛知開催、245社が出展

日立物流は日立物流ソフトウェアとの共同展示で、ビジネスコンセプト「LOGISTEED」のもとで提供しているソリューションを展示。倉庫、サプライチェーン、輸配送の各シーンで、現時点で実際にサービス提供が可能なソリューションをピックアップし、パネルやディスプレイで紹介していた。

<鴻池運輸>
20210309butsuryuten10 520x346 - 国際物流総合展2021開幕/初の愛知開催、245社が出展

鴻池運輸は、自動車産業が集積する愛知県での開催となったことから、インドで展開している完成車輸送をはじめとする鉄道輸送事業を紹介。同事業を1から立ち上げた担当者が常駐し、来場者の相談に乗っている。

<大和ハウス工業>
20210309butsuryuten11 520x346 - 国際物流総合展2021開幕/初の愛知開催、245社が出展

<Mujin(大和ハウスグループと共同展示)>
20210309butsuryuten12 520x346 - 国際物流総合展2021開幕/初の愛知開催、245社が出展

<日本GLP>
20210309butsuryuten13 520x346 - 国際物流総合展2021開幕/初の愛知開催、245社が出展

<シーアールイー>
20210309butsuryuten14 520x346 - 国際物流総合展2021開幕/初の愛知開催、245社が出展

物流不動産企業では、大和ハウス工業や日本GLP、三菱地所、シーアールイー、東急不動産、日鉄興和不動産が出展している。

各社のブースでは自社の物流施設の紹介にくわえ、大和ハウス工業がダイワロジテックやフレームワークス、Mujinと、日本GLPがモノフルと、東急不動産がPALとそれぞれ共同出展し、ハード・ソフトの両面で自社のサービスを訴求していた。

<アップコンによるコンクリート床沈下修正工法の実演。膨らむウレタン樹脂が100kgの男性を軽々と持ち上げる>
20210309butsuryuten15 - 国際物流総合展2021開幕/初の愛知開催、245社が出展

<プラスオートメーションのブースでは、机上で走行する小型ソーティングロボットを見ることができる>
20210309butsuryuten16 520x346 - 国際物流総合展2021開幕/初の愛知開催、245社が出展

<コロナ禍での開催となったことから、出展を中止した企業も散見された>
20210309butsuryuten17 520x346 - 国際物流総合展2021開幕/初の愛知開催、245社が出展

次回の国際総合物流展は、東京ビッグサイト青海展示棟で2021年10月13~15日にかけて開催予定。2020年からスピンオフ企画として始まった「INNOVATION EXPO」の第2回として、最新の物流機器やシステムなどが展示される予定だ。

■国際物流総合展2021開催概要
会期:3月9日(火)~12日(金)10:00~17:00
会場:Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場) ホールC~E
主催:日本産業機械工業会、日本産業車両協会、日本パレット協会、日本運搬車両機器協会、日本物流システム機器協会、日本ロジスティクスシステム協会、日本能率協会
展示規模:245社/775ブース(共同出展者を含む)
入場登録者数:3万名(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集