厚労省/トラック運転者長時間労働改善で意見交換会参加募集

2021年06月16日 

厚生労働省は6月16日、国民と企業が一丸となり、物流生産性向上とトラック運転者の長時間労働改善に向けた意見交換を行う「アイデアソン」を、今年7月~9月にオンラインで開催するが、その参加者を募集すると発表した。

<「トラック運転者の長時間労働改善に向けたポータルサイト」トップ画面>
20210616korousyo 520x266 - 厚労省/トラック運転者長時間労働改善で意見交換会参加募集

このアイデアソンでは、トラック運送事業者や荷主企業が抱えている3つの物流課題についてテーマごとに、参加者を募集する。

課題テーマは1.卸売市場における待ち時間を解消したい、2.荷卸しにおける危険作業を改善したい、3.法令遵守に向け、トラック運転者の労働時間を短縮したい。

このアイデアソンでは、課題テーマごとにチーム単位で意見交換を行い、成果を発表する。チーム編成は、エントリーした人に加え、荷主企業や運送事業者に勤めている人なども加わる。

なお、アイデアソンとは、「アイデア」と「マラソン」を組み合わせた造語で、課題テーマ解決に向けて、参加者が一丸となって意見交換を行い、解決に向けた糸口を探す場のこと。

■募集概要
開催時期:7月から9月までの連続する2日間(1テーマあたり)
開催方法:オンライン開催(Zoom)
募集期間:6月15日~7月9日17:00(予定)
  ※物流に関心のある人ならだれでも応募可

■「トラック運転者の長時間労働改善に向けたポータルサイト」
https://driver-roudou-jikan.mhlw.go.jp/

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集