日通/カンボジア国内で医薬品の適正流通規格GDP認証を取得

2021年06月18日 

日本通運は6月18日、現地法人のカンボジア日本通運が2021年3月14日を発効日として、カンボジア国内輸送サービスの提供に関する医薬品の適正流通基準である GDP(Good Distribution Practice)の認証を取得したと発表した。

<プノンペンロジスティクスセンター外観>
20210618nittsu 520x347 - 日通/カンボジア国内で医薬品の適正流通規格GDP認証を取得

同社は、2021年4月から、同国内の日系病院で使用される医療・医薬品の保管業務を開始した。今後ますます需要が見込まれる医薬品の分野において、顧客により安全・安心を届けるサービスを確立し、カンボジアの医療環境の発展に貢献していくとしている。

なお、現在カンボジアでは、病院等で使用される医薬品の多くを輸入に頼っている。また、適切な管理のもとで保冷車や冷蔵保管に対応できる輸送業者が少ないことから、カンボジア日通は2019年12月に冷凍・冷蔵庫を完備したプノンペンロジスティクスセンターを開設した。このセンターは、貨物の荷捌きを行う前室にも冷蔵機能を備えるなど、同国内でも有数の医薬品保管設備として政府関係者からも注目を集めている。

■施設概要
名称:カンボジア日本通運 (本社)
(NIPPON EXPRESS (CAMBODIA)CO., LTD.)
住所:THE GREAT DUKE PHNOM PENH 2ND FLOOR REGENCY COMPLEX C, UNIT NO. C2/6 PREAH
MONIRETH BLVD. TOMNOUBTEOUK KHAN CHAMKARMON PHNOM PENH, KINGDOM OF CAMBODIA

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集