商船三井/ネットゼロ・エミッションを目指し環境ビジョン策定

2021年06月18日 

商船三井は6月18日、2050年にネットゼロ・エミッション達成を目指し、サスティナブルな社会を実現するための道標として、「商船三井グループ 環境ビジョン2.1」を策定したと発表した。

クリーンエネルギーのサプライチェーンにおいてゲームチェンジャーとなるべく、各業界のリーダーと共に、自社および社会の温室効果ガス排出削減に努める、としている。

このビジョンは2020年6月に発表した「商船三井グループ 環境ビジョン2.0」をアップグレードするもので、TCFDの枠組みを活用したシナリオ分析を実施し、加速する世の中の動きや技術革新を受け、より高い目標を掲げて課題に取り組む。

■中長期目標
2020年代中にネットゼロ・エミッション外航船の運航を開始する
2035年までに輸送におけるGHG排出原単位を約45%削減する(2019年比※)
2050年までにグループ全体でのネットゼロ・エミッション達成を目指す

■環境ビジョン2.1
https://mol.disclosure.site/ja/themes/101

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集