JR西日本不動産開発/千葉県市川市で冷凍冷蔵倉庫開発に着手

2021年08月06日 

JR西日本不動産開発は8月5日、千葉県市川市において、2022年秋の竣工に向け、冷凍冷蔵物流施設の建設工事に着手したと発表した。

<完成イメージ>
20210805jrw 520x320 - JR西日本不動産開発/千葉県市川市で冷凍冷蔵倉庫開発に着手

<位置図>
20210806jrw2 520x376 - JR西日本不動産開発/千葉県市川市で冷凍冷蔵倉庫開発に着手

この場所は東京外環自動車道・東関東自動車道からのアクセスが良好、かつ東京都心への距離も近く短時間で大消費地に輸送可能な立地。冷凍冷蔵物流施設は、既存施設の老朽化と昨今のフロン規制に伴う冷却設備更新が必要となり新築物件への入居需要が高まっている。

この物件ではフロン規制に対応した自然冷媒を用い、環境にも配慮した施設を開発する。

今回、同社と霞ヶ関キャピタルはプロジェクトマネジメント契約を締結しており、協働して開発を進めていく。すでに霞ヶ関キャピタルは4月5日に開発を発表している。

同社はこれまで、商業施設・オフィスビル・住宅など多岐にわたる開発を推進してきた。この開発は、同社として初の冷凍冷蔵物流施設の開発となる。これまで培った開発実績を活かし、昨今の冷凍食品消費の需要拡大に伴う社会の物流ニーズの高まりに応えるべく、今後も首都圏を含めて物流施設開発を積極的に推進していくとしている。

■概要
所在地:千葉県市川市加藤新田202番15
建物設置者:JR西日本不動産開発
設計・監理:塩浜工業 東京本社 一級建築士事務所
施工:塩浜工業 東京本社
建物概要等
建物名称:LOGI FLAG COLD 市川Ⅰ
建物用途:冷凍冷蔵倉庫
建物構造:鉄骨造地上4階建
敷地面積:4297.56m2
延床面積:8743.46m2(予定)
竣工予定日: 022年秋(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集