東京建物/物流施設シリーズを福岡、京都、愛知、大阪へ本格展開

2021年08月06日 

東京建物は8月6日、福岡県糟屋郡須恵町、京都府京都市伏見区ならびに愛知県一宮市にマルチテナント型物流施設開発用地を確保し、加えて大阪府大阪市西淀川区における物流施設開発計画(共同事業)に参画したと発表した。

<(仮称)T-LOGI福岡 >
20210806tokyotate1 520x330 - 東京建物/物流施設シリーズを福岡、京都、愛知、大阪へ本格展開

<(仮称)T-LOGI一宮>
20210806tokyotate2 520x368 - 東京建物/物流施設シリーズを福岡、京都、愛知、大阪へ本格展開

取得した3物件は、九州圏、近畿圏、中部圏それぞれにおける同社初の物流施設開発事業となる。今後、「(仮称)T-LOGI福岡」、「(仮称)T-LOGI京都伏見」、「(仮称)T-LOGI一宮」、「(仮称)大阪物流施設プロジェクト」として、開発を推進していく。

これまで同社では、物流施設ブランド「T-LOGI」の名のもと、首都圏で物流施設開発事業を展開してきた。現在、荷主や消費者ニーズの高度化・多様化による多頻度小口輸送の進展や働き方の多様化および新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とした在宅勤務の普及による宅配便増加など、EC分野の急拡大を背景に物流効率化の重要性が一段と増すなか、物流市場において全国的に先進的な大規模物流施設へのニーズや物流施設への投資ニーズも引き続き高まっている。

そのような状況を踏まえ、同社グループは、強みとする用地情報取得ネットワークをより一層活用しつつ、今後首都圏のみならず国内主要物流集積地を中心に立地を厳選し、物流施設の開発を積極展開する。

「(仮称)T-LOGI福岡」
この物件は福岡空港の東部である糟屋地域に位置。糟屋地域は福岡中心市街地をはじめとした広域配送が可能なエリアであり、周辺に福岡都市圏内の住宅地が広がっていることから、雇用条件も良好な物流適地となっている。地上3階建のボックス型を採用したこの物件は、本年5月21日に着工しており、2022年春の開業予定。

なお、この物件は竣工前に一括で国内大手物流会社である佐川グローバルロジスティクスの賃借・入居の内定を得ている。

■概要
名称:(仮称)T-LOGI福岡
所在地:福岡県糟屋郡須恵町大字新原 16-10(住居表示)
交通:九州自動車道/福岡高速福岡」IC 約9km 、「大宰府」IC 約 9km
   JR「博多」駅約 13km
敷地面積:約9312m2
延床面積:約1万6600m2(予定)
構造規模:鉄骨造、地上 3 階(予定)
用途 倉庫・事務所
着工:2021年5月21日
竣工:2022年4月末(予定)
施工:戸田建設

<(仮称)T-LOGI京都伏見位置図>
20210806tokyotate3 520x371 - 東京建物/物流施設シリーズを福岡、京都、愛知、大阪へ本格展開

「(仮称)T-LOGI京都伏見」
この物件は、第二京阪道路「伏見」IC(京都方面のみのハーフIC)まで約 2.5km、国道1号利用で京都駅まで約8.5km の距離に位置することから、京都市中心部への配送拠点として優れている。加えて、第二京阪道路「巨椋池」IC(大阪方面のみのハーフIC)まで約4.9km、名神高速道路「京都南」ICまで約3.7kmと、大阪中心部をはじめとする関西一円を輸配送エリアとすることが可能。

またこの計画地は、周辺に工場や倉庫などが集積し、京都市南部の他、向日市・長岡京市等近傍に住宅地が広がっていることから、24時間稼働を前提としたオペレーションと雇用確保の両面に優れた立地となっている。開業は2023年夏を予定している。

■概要
名称:(仮称)T-LOGI京都伏見
所在地:京都府京都市伏見区横大路菅本 2-3外(地番)
交通:第二京阪道路「伏見」IC約 2.5km 、「巨椋池」IC約 4.9km名神高速道路「京都南」IC 約 3.7㎞京都市バス「洛水高校前」バス停徒
歩約6分
敷地面積:約1万1428m2 ※仮換地地積
延床面積:約 25,500m2(予定)
構造規模:地上4階(予定)
用途:倉庫・事務所
着工:2022年夏(予定)
竣工:2023年夏(予定)

<(仮称)T-LOGI一宮位置図>
20210806tokyotate4 520x391 - 東京建物/物流施設シリーズを福岡、京都、愛知、大阪へ本格展開

「(仮称)T-LOGI一宮」
この物件は、東海北陸自動車道「一宮西」IC(隣接する一宮JCTから名神高速道路にアクセス可能)に約2km、「一宮稲沢北」ICに約0.3kmと高速道路へのアクセスに優れた立地。この物件から車で「一宮」ICまで約 10分、「小牧」ICまで約15分圏にあり、名古屋都心部への配送や物流集積地との連携拠点として高いポテンシャルを有している。

施設は、T-LOGIシリーズ初のランプウェイを採用し、各階に接車できる利便性の高い計画とする予定。開業は2023年秋を予定している。

■概要
名称:(仮称)T-LOGI一宮
所在地:愛知県一宮市荻原町林野字鷲宮52番1他(地番)
交通:東海北陸自動車道「一宮西」IC約2km 、「一宮稲沢北」IC約0.3km
敷地面積:約3万3244m2
延床面積:約8万m2(予定)
構造規模:RC/S造、地上4階(予定)
用途:倉庫・事務所
着工:2022年春(予定)
竣工:2023年秋(予定)

「(仮称)大阪物流施設プロジェクト」
この物件は、大阪駅までの直線距離約 5.2kmと大阪都心部への距離が非常に近く、阪神高速道路「大和田」ICにも至近であり、配送拠点として高い利便性を有します。また阪神電気鉄道阪神なんば線「出来島」駅徒歩約 9 分、阪神電気鉄道本線「千船」駅徒歩約10分と通勤アクセスにも優れた立地。

同社は、TMK(特定目的会社)を活用したセンターポイント・ディベロップメントとの共同事業を行うことが決定している。

■概要
名称:
所在地:大阪府大阪市西淀川区佃 5 丁目 1-34(住居表示)
交通:阪神高速道路「大和田」IC 約 1.8km 、阪神電気鉄道阪神なんば線「出来島」駅徒歩9分、阪神電気鉄道本線「千船」駅徒歩10分
敷地面積:約1万5336m2
延床面積:約 3万1136m2(予定)
構造規模:地上4階(予定)
用途:倉庫・事務所
着工:2021年夏(予定)
竣工:2022年秋(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集