福岡ソノリク/農産物の九州内物流シェアリングサービス開始

2021年12月15日 

農産物の物流を専門に手がける福岡ソノリクは12月15日、九州の生産者・食品製造者に向けて、小ロットの商品を対象にした低コスト物流シェアリングサービス「つながる便」を開始した。

<つながる便ロゴ>
20211215fukuoka - 福岡ソノリク/農産物の九州内物流シェアリングサービス開始

「つながる便」は、九州各地に集荷拠点を設けることで高品質な配送を小ロットから利用できる物流シェアリングサービス。同サービスは今後さまざまな団体や企業との連携を予定しており、今回、第1弾として九州の食輸出協議会(事務局:九州経済連合会)と協力し、輸出促進に向けた取り組みを開始する。

今回の連携では、輸出のハブとなる博多港と福岡空港へ小ロット商品を低価格で輸送できる定額運賃サービスを開始した。複数の利用者でトラックをシェアすることで、低価格で1ケースからの輸送を実現。福岡ソノリクの物流網や大型冷蔵施設を活用し、九州各県に最大2か所の集荷場所を設置した。配送温度帯は常温と低温の2種類から選択できる。

■九州の食輸出協議会との連携による「つながる便」新サービス概要
開始日:12月15日
内容:九州各県の集荷場所に持ち込まれた小ロットの荷物(50ケース以内)を博多港または福岡空港まで配送
料金:1ケース450円(税込)※重量10kgまで ※大きさ横45cm×縦35cm×高さ30cmまで
集荷拠点:鳥栖市、佐賀市、唐津市、諫早市、雲仙市、熊本市、大分市、延岡市、宮崎市、鹿児島市の計10か所
運営会社:福岡ソノリク

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集