LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

小田急不動産/千葉県船橋市に1.9万m2の物流施設竣工

2022年03月02日/物流施設

小田急不動産は3月2日、千葉県船橋市浜町で物流施設の第2弾「小田急不動産ロジスティクスセンター船橋」の開発を進めていたが、2月28日に竣工したと発表した。

<小田急不動産ロジスティクスセンター船橋>
20220302odakyu1 520x387 - 小田急不動産/千葉県船橋市に1.9万m2の物流施設竣工

<倉庫内(4階)>
20220302odakyu2 520x346 - 小田急不動産/千葉県船橋市に1.9万m2の物流施設竣工

<エントランス>
20220302odakyu3 520x346 - 小田急不動産/千葉県船橋市に1.9万m2の物流施設竣工

立地は、都心部へのアクセスが良好な千葉県湾岸地域の物流施設が集積するエリアにあり、都心への配送拠点としての立地特性を活かし、Eコマース関連、飲料や食品、IT機器等の業種を中心としたテナントニーズが見込まれる。また、JR京葉線「南船橋」駅から徒歩圏内にあるため、施設内で働く人々は公共交通機関を利用しての通勤が可能だ。

物件はBOX型5層の物流施設だが、垂直搬送機を4機、荷物用エレベーターを2機備えることで、上階への荷物の移動を効率的に実施できる。また、屋上に受電設備を設置することで、高潮や地震による地盤の液状化等の自然災害時のBCP対策も講じている。

なお、昨年7月に物流施設の第1弾「小田急不動産ロジスティクスセンター印西(千葉県)」 が竣工したほか、今年8月には第3弾の「(仮称)小田急不動産ロジスティクスセンター一宮(愛知県)」も竣工を迎える予定。また、今年1月には福岡県で第4弾となる開発用地を取得、引き続き物流施設開発事業を日本全国で展開していくとしている。

■概要
物件名:小田急不動産ロジスティクスセンター船橋
所在地:千葉県船橋市浜町三丁目2番3号(住居表示)
交通:
JR京葉線「南船橋」駅徒歩16分
東関東自動車道「谷津船橋」インターチェンジ 約1.6km
京葉道路「花輪」インターチェンジ 約2.6km
用途:準工業地域
敷地面積:6314m2(約1909.98坪)
建物面積:1万9243.30m2(約5821.09坪)
構造・規模:鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造 地上5階建
床荷重:1.5t/m2
柱スパン:10m×10.2m
天井高:梁下有効5.5m
設備等:
  荷物用エレベーター×2基
  垂直搬送機×4基
想定同時接車台数:13台
設計・施工:大豊建設

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース