LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

サカイ引越センター/3月期の売上高3.5%増、営業利益3.1%減

2022年05月06日/決算

サカイ引越センターが5月6日に発表した2022年3月期決算によると、売上高1038億8400万円(前年同期比3.5%増)、営業利益107億9000万円(3.1%減)、経常利益112億8600万円(3.8%減)、親会社に帰属する当期利益67億1100万円(12.8%減)となった。

新型コロナウイルスのクラスター発生防止と現場作業員の労働時間に配慮したことにより外注費が増加した。更に前年同期はコロナの影響もあり賞与支給額を抑えていたが、当期はコロナ禍での負担が大きかった社員に特別手当の支給をしたため経費が増加した。しかしながら第4四半期会計期間では、引越単価が上昇し、経営資源を効率的に活用して受注を取り込んだ結果、増収増益となった。

この様な状況の下、同社グループは着実な経営努力をした結果、作業件数は84万1631件(前年同期比0.9%増)となり、引越単価が前年同期比2.0%増と上昇したことにより売上高は好調に推移した。

次期は、売上高1065億5700万円(2.6%増)、営業利益109億800万円(1.1%増)、経常利益113億7900万円(0.8%増)、親会社に帰属する当期利益73億7300万円(9.9%増)を見込んでいる。

関連記事

決算に関する最新ニュース

最新ニュース