LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱商事都市開発/千葉県野田市の物流施設で竣工前内覧会

2022年06月13日/セミナー

PR記事

三菱商事都市開発は6月27・28日の2日間、千葉県野田市で開発中の「MCUD野田I」で、竣工前内覧会&シェアリング倉庫/倉庫ロボットサービスセミナーを開催する。

<MCUD野田I(竣工イメージ)>
20220613mcud 520x342 - 三菱商事都市開発/千葉県野田市の物流施設で竣工前内覧会

MCUD野田Iは、三菱商事都市開発が「MCUD LOGISTICS」ブランドとして開発する物件で、地上3階建て総賃貸面積3万2785.93m2(9935.13坪)。2022年8月から入居開始を予定している。

同施設は、首都圏の環状線である国道16号線に面しており、 かつ常磐自動車道「柏IC」から14km、 東北自動車道「岩槻IC」から15kmと、3つの主要幹線道路の利便性を生かした首都圏・関東東北部の広域配送が可能な立地。また、千葉県野田市中里工業団地内にあり、24時間操業が可能となっている。

施設形態はマルチテナント型で、最大3分割まで対応。賃貸面積は最小区画2400坪からとし、さまざまな賃貸需要に応える。

■内覧会&セミナー概要
日時:6月27日(月)①第1回(10:00)②第2回(13:00)③第3回(15:00)
6月28日(火) ①第1回(10:00)②第2回(13:00)③第3回(15:00)
会場:MCUD野田I(千葉県野田市尾崎2325-2)<地図>
交通:【電車】東武アーバンパークライン「川間駅」2km
【バス】朝日バス「天王前」バス停から700m(徒歩10分)
【高速道路】常磐自動車道「柏IC」14km、東北自動車道「岩槻IC」15km
対象:荷主企業、物流企業
※両日程共に①と③の時間枠では、内覧終了後にMCUD野田IIで現地の開発状況を見学予定。

■当日の来場方法
【電車】東武アーバンパークライン「川間駅」から送迎バスを運行。
【車】開発施設の近隣敷地に来場者用駐車場を利用。
※送迎バス、駐車場については、申込み完了後にご案内します。

<<内覧会の参加申し込みはこちらから>> ※事前予約制
※申込締切:6月23日(木)17:00

■物件概要
「MCUD野田I」
所在地:千葉県野田市尾崎2325-2<地図>
総賃貸面積:3万2785.93m2(9935.13坪)
構造・階数:鉄骨造 地上3階建て
仕様:BOXタイプ(最大3分割まで可能)
入居時期:2022年8月
詳細ページ: https://logistics.mcud.co.jp/nodaozaki/

「MCUD野田II」※同物件の見学は両日①と③の時間枠のみ
所在地:千葉県野田市七光台368-1<地図>
総賃貸面積:2万3692m2
構造・階数:鉄骨造 地上4階建て(倉庫3層)
仕様:BOXタイプ(最大3分割まで可能)
入居時期:2023年1月
詳細ページ:https://logistics.mcud.co.jp/nodananakoudai/

■問い合わせ先
三菱商事都市開発(担当:開発第一部 森田・渡邉)
TEL:070-3192-1517(森田携帯)
MAIL:mcud_noda@mcud.co.jp

■三菱商事グループの物流ソリューション
●シェアリング倉庫サービス「WareX」について
WareXは、三菱商事が提供するシェアリング倉庫サービスで、保管料・作業料、拠点からの距離など、ウェブ上で全国の営業倉庫の情報を閲覧でき、最適な倉庫に荷物を預けることができます。賃貸とは異なり庫内作業も対応している点も特徴の一つです。
サービスHP:https://warex.ai/

●月額制倉庫ロボットサービス「Roboware」について
Robowareは、三菱商事が提供する設計・導入から運用・保守までオールインワンの月額制倉庫ロボットサービスです。
サービスHP:https://roboware.ai/

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

セミナーに関する最新ニュース

最新ニュース