LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





日本通運/企業向け小口貨物国際輸送サービスを提供開始

2024年07月09日/3PL・物流企業

日本通運は7月9日、企業向け小口貨物輸送商品「プロテクトBOX」の国際輸送サービスである「プロテクトBOX GLOBAL」を提供開始した。

<サービス概要イメージ>
0709nittu1 - 日本通運/企業向け小口貨物国際輸送サービスを提供開始

「プロテクトBOX」は国内輸送の梱包ツールとして2019年に日本全国でサービスを開始。陸・海・空すべての輸送モードで使用可能で、国際輸送においてもニーズが見込めることから利用範囲を拡大した。

特徴は、蓋と側面のパネルに「テクセル」と呼ばれる素材を使用した、軽くて丈夫なBOXであること。組み立てた状態なら2段重ねも可能だ。

一般的なパレット梱包と比べると、ストレッチフィルムやエアキャップなど梱包資材の用量を減らせるため、梱包にかかる資材費や作業人件費の削減にもつながる。

耐久性があり、反復利用も可能。配達時にBOXを回収することでゴミ処分の手間が省け、一般的なパレット梱包でストレッチフィルムを使用した場合と比べて、1基あたり0.19㎏のCO2排出量の削減効果があるという。

<利用事例>
0709nittu2 - 日本通運/企業向け小口貨物国際輸送サービスを提供開始

清水化学では、プロテクトBOXを広島-台湾間の食品原料の国際往復輸送に活用。作業品質の向上や、作業負担が軽減できること等が評価されている。

NXグループは今後も物流の効率化と環境負荷の低減を進めるとともに、様々な輸送モードを組み合わせた新しい商品を開発し、企業理念に掲げる「物流から新たな価値を創る」ことを目指すとしている。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース