森永乳業グループ/新工場建設、物流センター増築

2006年06月09日 

森永乳業(株)の子会社、宮酪乳業(株)は、仙台市宮城野区の森永乳業所有地に新工場を建設する。

宮酪乳業の工場は建設(1957年5月)後49年を迎え、設備の経年劣化、狭隘化が進んでいるため、新鋭の工場を建設、設備を刷新するもので、より高品質で安心・安全そして価値のある商品の生産を目指し、冷蔵庫も増築する。

なお、同エリアの森永乳業郡山工場(福島県郡山市)における壜、紙パックの市乳製品は、設備の経年劣化等から平成18年9月末をもって生産を中止し、同工場製品は宮酪乳業はじめ他工場に移管する。これにより郡山工場は特殊粉乳等の製造に特化した工場となる。

新工場の概要
所在地:宮城県仙台市宮城野区港一丁目24-1
敷地面積39,357m2
建築面積等製造棟建築面積6,690㎡
製造棟総床面積8,295m2
冷蔵庫増築面積1,000m2(現宮酪乳業物流センター増築、総面積3,500m2)
生産品目:壜1ライン、紙パック3ラインによる牛乳、乳飲料等の壜、紙パック製品
投資額約40億円
着工・稼動:平成18年8月初旬着工、平成19年9月稼動予定

最新ニュース

物流用語集