TNT/ベラルーシなど4か国で国際ロード貨物・小包配送サービスを開始

2009年06月18日 

TNTN.V.は現地時間の6月15日、ベラルーシ、モルドバ、マケドニア、アルバニア向けに国際ロード輸送を開始したと発表した。今回の新ルートでこれら4か国発着のエコノミー・エクスプレス・サービスを増強する。

この東欧・中欧間の新ネットワークの接続で、小包貨物と1パレット当たり最大500kgのパレット貨物で税関手続き代行を含む、日付指定可能なドア・ツー・ドアのエクスプレス・サービスが利用できるようになる。パレット貨物重量は、従来の1パレット当たり30kgから増加した。

TNTは欧州諸国35か国にこれら4か国が追加されることで、同社のエクスプレス・ロード・ネットワークは欧州最大の完全統合されたエクスプレス・ロード・ネットワークとなったと評価。モルドバと他の欧州諸国~世界各国を結ぶハブとして、ブカレスト(ルーマニア)を利用する予定という。

ベラルーシ向けのハブにはワルシャワ(ポーランド)を、マケドニア・アルバニア発着貨物向けのハブにはソフィア(ブルガリア)を利用する。4か国発着のエコノミー・エクスプレス・サービスは、距離にもよるが通常4~8日で配送できるとしている。

最新ニュース

物流用語集