アマゾン/埼玉県川越市に物流センター開設

2010年07月12日 

Amazon.co.jpの物流業務を行っているアマゾンジャパン・ロジスティクスは7月12日、埼玉県川越市に新たな物流センター「アマゾン川越FC」を開設した。

アマゾン川越FCは、Amazon.co.jpで取り扱う大型商品とAmazon.co.jpおよびJavari.jpで取り扱う靴とバッグなどのファッションアイテムを中心に在庫し、配送を行うもので、延べ床面積39,000㎡もの規模となっている。

この拠点整備により、Amazon.co.jpの各ストアとJavari.jpにおける在庫商品のラインアップの強化が見込めるとしている。

Amazon.co.jpは、2000年11月1日のサービス開始から、ことしで10周年を迎え、書籍、CD、DVD、ビデオ、PCソフトウェア、ゲーム、エレクトロニクス、ホーム&キッチン、おもちゃ&ホビー、スポーツ&アウトドア、ヘルス&ビューティー、時計、ベビー&マタニティ、アパレル&ファッション雑貨、食品&飲料、ジュエリー、文房具・オフィス関連商品、DIY・工具、カー&バイク用品、楽器など、地球上でもっとも豊富な品揃えのビジョンに向けて、様々な商品群を取り扱うようになっている。

これら新規カテゴリーとJavari.jpの急成長、それに伴う在庫スペースの必要性、今後の更なる成長・品揃えの拡大を視野に入れ、アマゾンジャパン・ロジスティクスは、新物流センターを開設となった。

アマゾン川越FCは、既存のアマゾン市川FC(延べ床面積18,800坪/62,300㎡)、アマゾン八千代FC(延べ床面積10,347坪/34,145㎡)、アマゾン堺FC(延べ床面積20,550坪/67,923㎡)に次ぐ国内4番目の物流センターになる。

アマゾン川越FCの概要
名称:アマゾン川越FC(フルフィルメントセンター)
所在地:埼玉県川越市南台
延べ床面積:11,755坪(38,92㎡)
供給エリア:国内

最新ニュース

物流用語集