日本郵船/南シナ海で人命救助

2010年09月02日 

本郵船は9月2日、自動車専用船「Goliath Leader(ゴライアス・リーダー)」(船籍:バハマ、総トン数:57,692トン、船長:サルキス・モブセシャン〈Sarkis Movsesyan〉)が、8月27日、マレーシア沖の南シナ海で人命救助を行ったと発表した。

同船は、タイのラム・チャバン港からシンガポール港へ向けて航海中の8月27日午前8時(現地時間)ごろ、マレーシア半島北東の海上で救命艇から手信号で救助を求めている遭難者を発見し、救助活動を開始して18人全員を救助した。

乗組員は、遭難したコンテナ船から救命艇で脱出し、南シナ海を漂流していた。救助された乗組員全員は、健康状態に問題はなく、翌28日にシンガポールで無事下船した。

最新ニュース

物流用語集