LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

住友商事/内航コンテナ船を活用したモーダルシフト推進

2011年02月08日/CSR

住友商事は2月8日、住商グローバル・ロジスティクス(SGL)、内航コンテナ船オペレーター最大手である井本商運と提携し、環境負荷を低減する内航コンテナ船を活用したモーダルシフト輸送事業を推進することに合意したと発表した。

<井本商運の運航船「まや」>
20110208imoto - 住友商事/内航コンテナ船を活用したモーダルシフト推進

3社は同事業のサービス名称を「海コン便」と定め、荷主企業や物流企業に広く利用を呼びかける。同事業では井本商運が保有する内航フィーダー航路網(寄港地45港)に、SGLが中心となって開発した新型海上コンテナを組み合わせ、モーダルシフトの受け皿となる新輸送モードを構築する。

今後、運用上の安全性・作業性を検証するため、本船荷役と車両走行による実証実験を実施する。3社は同事業を通じて貨物輸送時のCO2排出量の削減に寄与し、低炭素社会の実現を目指す。

また、「国際コンテナ戦略港湾(京浜港・阪神港)」では、地方コンテナ港湾との間の内航フィーダー航路網の拡充が大きな政策目標となっていることから、同事業による国内海運貨物の増加を通じ、国内地方港の活性化と、アジアのハブ港に対抗する「国際コンテナ戦略港湾」の競争力強化に繋がるとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CSRに関する最新ニュース

最新ニュース