コグネックス/新しい三次元画像処理ツール発表

2011年06月02日 

コグネックスは6月1日、新たに高精度な三次元画像処理ツールを搭載した画像処理ソフトウェア「VisionPro 3D」の販売を開始した。

<VisionPro3D>
20110602cog - コグネックス/新しい三次元画像処理ツール発表

VisionPro 3Dは、リアルタイムで正確な三次元位置情報を計測し、二次元ツールでは不可能だった、精密アッセンブリ、ロボットガイド式のデパレタイザや物流・移載などの各種の難しいアプリケーションに高精度で対応することができる。

さらに、積み重なって、斜めになった状態の部品や、バラ積みされて整列していないさまざまな部品を自動化ライン上で位置決めすることもできる。

また、「VisionPro 3D」は、部品の特徴が部分的に見えない場合でも優れた性能を発揮しつづけることができる。1台のカメラのアライメントにズレが生じても、高度な位置決めツールによりそれを補正することが可能なため、ラインを中断することなく生産を続けることができる。

「VisionPro 3D」は、コグネックスのIDコード読み取り、寸法計測、検査ツールなどと組み合せ、位置決めだけでなく、さらに広範囲なアプリケーションに対応することができ、高価な冶具や測定装置が不要なため、現場調整作業の短縮・コスト削減にもつながる。

なお、平面に置かれた対象物をつかむガイダンスを二次元(2D)と呼んでいるのに対し、立体的に置かれたり、重なった対象物をつかむロボットガイダンスは三次元(3D)と呼ばれている。

特に画像処理を使ってロボットが高さ方向を精度よく認識したり、ロボットが移動する法軸を正確に計算することが求められ、平面画像を使って3Dを認識することは技術的に難しい技術だが、同社ではロボットメーカーやユーザーの協力を得て実用化している。

VisionPro 3Dは、迅速なセットアップと簡単なトレーニングのためのスターターキットで、VisionPro 3D ソフトウェアとターンキー用トレーニングアプリケーションが含まれている。トレーニング用アプリケーションには、ソースコード、迅速にスタートするために必要なすべてのハードウェア(カメラ、三脚、高精度のキャリブレーションプレートなど)が揃っている。

■VisionPro 3D
www.cognex.co.jp/visionpro3D

問い合わせ
コグネックス
マーケティングホットライン
TEL:03-5977-5409
infojapan@cognex.com

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集