LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

SSC/岩手県にコイルセンター工場建設、東北復興で自動車産業を支援

2011年08月25日/生産

エス・エス・シー(以下:SSC)は8月25日、岩手県進出を決定し、工場用地を取得すると発表した。

同社は関包スチール、住友金属、住友商事、住金物産が出資・運営するコイルセンターで、岩手県に新コイルセンターを建設して、自動車車体・部品メーカー向け薄板を、納期向上、輸送コストの削減、安定供給を実現する鋼板加工拠点を目指し、東北復興事業として推進する。

建設地は岩手県奥州市で、敷地面積3800坪に2012年6月稼働を予定している。

工場は、関東自動車工業の岩手工場(岩手県胆沢郡金ヶ崎町)、セントラル自動車の宮城工場(宮城県黒川郡大衡村)とトヨタ自動車東北(宮城県黒川郡大和町)の間に位置しており、名古屋で培った品質・デリバリー対応力を東北地区に移植し、東北の鋼材加工の中心拠点に成長させる計画。

新コイルセンターの概要
場所:岩手県奥州市江刺区岩谷堂字柳沢94-4
敷地面積:約3,800坪
設備:スリッター1台(加工能力:7,000トン/月)(スタート時)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

生産に関する最新ニュース

最新ニュース