三菱化学/韓国でニードルコークス製造・販売合弁事業会社を設立

2011年09月06日 

三菱化学は9月6日、韓国ポスコグループと三菱商事と共同でニードルコークス製造・販売合弁事業会社を韓国に設立すると発表した。

合弁事業会社の製造設備は、2014年内の稼動開始を目標として、ポスコグループ光陽製鉄所内に建設される予定で、ニードルコークス製造能力は年間約6万トンを計画している。

合弁事業会社に対して、ポスコグループは原料タールを供給し、三菱化学はニードルコークス製造技術を提供する。

一方、三菱化学は、ポスコグループとの提携関係構築を基に、ポスコグループから坂出事業所向けのタール供給を受けることで、同事業所で展開しているニードルコークスをはじめとした高純度グラファイト事業の原料タールの供給安定性を強化する。

なお、ニードルコークスとは、主に、電炉で使用される高品位電極の原料のこと。合弁事業会社は、製造したニードルコークスを、電炉鋼生産の伸びが予想される中国とインド向けを中心に販売してゆく計画。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集