ブリヂストン/米エイケン工場のタイヤ生産能力を増強

2011年09月22日 

ブリヂストンは9月22日、グループ会社のBATOが、米サウスカロライナ州にあるエイケン工場の乗用車用ラジアルタイヤ・小型トラック用ラジアルタイヤの生産能力をさらに増強すると発表した。

総投資額は約2億1100万USドル(約180億円)で、2015年第3四半期中に工場の生産能力を日産約8000本増強し、日産約3万7750本体制とする予定。

■エイケン工場概要
所在地:サウスカロライナ州エイケン郡
生産品目:乗用車用・小型トラック用ラジアルタイヤ
建築面積:約16万7000㎡
操業開始年月:1998年
従業員数:約1250人(2011年9月現在)
生産能力:約2万5000本/日(2011年9月現在)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集