ブリヂストン/825億円投じ、大型・超大型ラジアルタイヤを北米で生産

2011年09月22日 

ブリヂストンは9月22日、米国法人が、米国サウスカロライナ州エイケン郡に建設・鉱山車両用大型・超大型ラジアルタイヤ(以下:大型・超大型ORR)の新工場を建設すると発表した。

中南米・北米を中心に世界規模で堅調に増加する需要に迅速に対応するためで、大型・超大型ORR用スチールコードに関し、佐賀工場と米国テネシー州にあるクラークスビル工場での生産能力増強も併せて決定した。

総投資額は約825億円(約9億7000万USドル)で、2014年上期から大型・超大型ORRの新工場での生産を開始する。その生産能力は、増強が完了する2020年上期には、日産約130トンとなる。

■大型・超大型ORR新工場概要
所在地:サウスカロライナ州エイケン郡
生産品目:建設・鉱山車両用大型・超大型ラジアルタイヤ
敷地面積:約221万㎡
操業開始年月:2014年上期
従業員数:約550名(2020年上期予定)
生産能力:約130トン/日(2020年上期予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集