豊田通商/投資総額52億円、インドネシアの製粉会社に出資

2011年10月05日 

豊田通商は10月5日、マレーシアの大手食品グループであるマライアンフラワーミル社(以下:MFM)とともに、インドネシアの大手食品グループFKS キャピタル(以下:FKS )が設立した製粉会社への出資に向けた基本合意を締結したと発表した。

今後、2011年内の合弁会社設立、2012年の工場着工、2013年の稼働開始に向けて、パートナー2社とともに準備を進める。同社とパートナー2社は、それぞれの強みを活かして成長市場インドネシアで確固たるシェア獲得を目指す、としている。

■合弁会社の会社概要
会社名:現在調整中
工場建設場所:インドネシア国ジャカルタ市近郊
投資総額:約66百万ドル(約52億円)
工場用地:11ha 
商業生産:2013年(予定)
製粉能力:原料小麦挽砕1,500トン/日
出資比率:FKSグループ40%、MFMグループ30%、豊田通商グループ30%

最新ニュース

物流用語集