日本郵船/シャトルタンカー事業で2隻の定期傭船契約

2011年10月27日 

日本郵船は10月27日、同社が50%出資するKNOT社が、イタリアの半国有石油・ガス会社である炭化水素公社(以下:ENI)とシャトル・タンカー2隻の定期傭船契約を締結したと発表した。

契約期間は2013年夏からで、いずれも最長で10年間となる。

この契約は、北海海域で産出される原油を陸上側へシャトル輸送することを目的とし、韓国の現代重工業で建造されるダイナミック・ポジショニング・システム(動的定点保持システム)搭載の12万3000重量トン型スエズマックス・タンカーを投入する予定。

北海海域はENIが油田・ガス田権益を多数保有する地域で、ENIはこの海域におけるメジャープレーヤーの1つに数えられる。

KNOTにとり、初のENI向けのシャトル・タンカー案件になると同時に、ENIにとっても、同案件における初の長期傭船契約の締結となった。

最新ニュース

物流用語集