ジヤトコ/品質管理をクラウドでグローバルに可視化

2011年11月16日 

富士通は11月15日、ジヤトコの品質管理情報を、可視化して現状分析・解決策提示などを行うシステムを構築し、ジヤトコ様が11月より運用を開始したと発表した。

ジヤトコでは、製造拠点をグローバルに展開しており、地域と企業の枠を超えたシームレスな品質管理情報の共有基盤を再構築して、スピーディーな品質管理情報の共有と異常時の改善サイクル構築が可能となった。

<システムイメージ>
20111116fujitsu.jpg

クラウド型サービスを利用することで、サーバやインフラ機器の導入コストを従来比5分の1に削減した。

同社では、主要サプライヤー1社とこの取り組みの評価を行い、本格的に運用を開始し、今後、順次サプライヤーへの展開を拡大することにより全社で品質向上・改善サイクルを強化する。

問い合わせ
富士通コンタクトライン
TEL:0120-933-200(直通)

最新ニュース

物流用語集