川崎汽船/アジア~欧州航路でエバーグリーンと協調関係強化

2011年12月27日 

川崎汽船は12月27日、所属するCKYH – the Green Alliance(コスコン、川崎汽船、陽明海運、韓進海運)各社は、欧州航路でエバーグリーン(台湾)との協調関係を強化すると発表した。

CKYHアライアンスの各社は既にエバーグリーンと限定的なスロット交換を通した協調関係にあるが、2012年4月以降さらに協調を拡大しサービス品質の向上を図ることで合意したもの。

CKYH アライアンスとエバーグリーン各社は、8000TEU型から1万3000TEU型を中心とする大型コンテナ船により、アジア/北欧州航路8便、アジア/地中海航路4便のあわせて週12便を運航し、アジアの主要港から欧州各港への直航サービスを一層充実させ、トランジットタイムの改善と広範囲のサービスネットワークを形成する、としている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集