澁澤倉庫/4~12月の売上高0.2%増、営業利益2.6%減

2012年02月07日 

澁澤倉庫が2月7日に発表した2012年3月期第3四半期の業績は、売上高408億4400万円(前年同期比0.2%増)、営業利益22億4700万円(2.6%減)、経常利益19億9000万円(5.3%減)、当期利益9億8200万円(31.5%増)となった。

倉庫業務は、在庫は高止まりしたものの、回転率が低下した影響で、保管料収入は前年同期を上回ったものの、荷役料が減収となり、売上高は68億9400万円(1.6%減)となった。

港湾運送業務は、在来船貨物に係る船内荷役業務が減少したほか、拠点統廃合の影響もあり、売上高は40億8700万円(2.5%減)となった。

陸上運送業務は、海上コンテナ輸送をはじめとした輸配送業務が伸長したほか、事務所移転の増加などで引越業務も収益を伸ばし、売上高は206億6200万円(3.0%増)となった。

国際輸送業務は、輸入航空貨物の取扱いが伸長したことなどにより、売上高は29億7500万円(1.1%増)となった。

通期は、売上高537億円(0.9%増)、営業利益29億4000万円(1.2%増)、経常利益25億3000万円(2.1%減)、当期利益14億7000万円(155.6%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集