NTN/タイに生産拠点新設

2012年02月13日 

NTNは2月13日、タイで2番目の生産拠点としてピントン工業団地(チョンブリ県)に工場を新設すると発表した。

<完成予想図>

東南アジア地域における自動車需要の拡大に対応するためで、日本国内の協力メーカと鍛造・旋削の合弁会社を設立する。

CVJやハブベアリングなど自動車向け商品の生産能力を増強し、インドなどを含めた東南アジア地域において、原材料から完成品までの現地一貫生産体制を確立する。

NMTピントン工場の敷地内に、高雄工業と、鍛造・旋削を行う合弁会社NTPTを設立し、韓国などから材料を調達するとともに、NMTピントン工場との一貫生産により、生産性の向上と安定した高品質の維持、コスト競争力の強化を図る。

NTPTは、生産した自動車向け商品の半製品を、タイだけでなく東南アジアや、欧州や米州のNTNグループ生産拠点に供給する。

NMTピントン工場の概要
工場名:NMTピントン工場
所在地:タイチョンブリ県ピントン工業団地(海抜約40m)
事業内容:自動車向け商品の製造・販売
総投資額:約1,000百万バーツ(約25億円)
敷地面積:約144,000㎡(NMT所有総面積)
延床面積:約10,000㎡
生産開始:2012年10月(予定)
従業員:約220名(2014年度予定)
売上高:約5,000百万バーツ(約125億円)(2015年度予定、現在の約2.5倍)

合弁会社(NTPT)の概要
会社名:NTPT Company Limited
所在地:タイチョンブリ県ピントン工業団地
事業内容:鍛造・旋削部品の製造・販売
資本金:700百万バーツ(17.5億円)
出資比率:NTNグループ80%、高雄工業20%
総投資額:約1,300百万バーツ(約33億円)
会社設立:2012年2月(予定)
延床面積:約10,000㎡
生産開始:2013年2月(予定)
従業員数:約90名(2014年度予定)

最新ニュース

物流用語集