花王/インドネシアに新工場建設、初期投資額40億円

2012年02月14日 

花王は2月14日、アジア地域を中心とした工業用製品に対する需要の増加に対応するため、花王インドネシア化学の新工場をジャカルタ郊外のカラワン工業団地に建設し、併せて製造設備を増強すると発表した。

初期投資額は約40億円で、新工場の敷地面積は現工場の2倍となる約12万㎡。2月に着工、2013年1月から順次稼働開始の予定。

今回の増設計画では、主要生産品である界面活性剤の生産設備を新設し、現工場から移設する既存設備とあわせて、界面活性剤の年産能力を現在の約1.5倍に増強。

新工場では香粧品などの原料に使用する界面活性剤や産業用化学製品を製造する。

ジャカルタ郊外タンブンにある現工場は、2014年12月末までに移転を完了し、新工場へ統合する予定。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集