大日本印刷/宇都宮に47億円投じ、有機合成工場新設

2012年03月07日 

大日本印刷(以下:DNP)は3月7日、機能性素材や医薬原薬の生産を行うグループ会社DNPファインケミカル福島の新工場を宇都宮工場の敷地内に建設すると発表した。

<新工場の完成予想図>

ファインケミカル福島は、福島県南相馬市に生産拠点を置いていたが、福島第一原発事故により操業を停止。その後も生産を再開できる目処が立たないため、新工場を建設し、生産を再開することにしたもの。

新工場は、DNPの書籍や商業印刷物を製造する宇都宮工場(栃木県栃木市)の敷地内に建設。工場棟は鉄骨造4階建てで延床面積は約8000㎡となる。2012年4月に着工して、2013年1月から順次生産を開始する計画。

■新工場の概要
所在地:栃木県栃木市西方町本城1062宇都宮西中核工業団地
敷地面積:約2万㎡
延床面積:約8000㎡(鉄骨造4階建て)
着工:2012年4月
竣工:2012年12月
投資額:47億円

最新ニュース

物流用語集