商船三井/海難事故緊急対応訓練を実施

2012年04月12日 

商船三井は4月11日、第一管区海上保安本部の協力のもと、LNG船「GRAND MEREYA(グランドメレヤ)」の津軽海峡航行中における機関室火災・座礁事故を想定した緊急対応訓練を実施したと発表した。

訓練は「津軽海峡を名古屋港に向け航行中のLNG船にて機関室火災が発生し、その対応の中で消火活動に加え、行方不明者捜索・負傷者搬送等を実施。 機関及び舵による船体制御を失い、最終的に座礁に至る」想定で訓練を実施。

事故発生の第一報を受けて、第一管区海上保安本部への通報や重大海難対策本部の設置、関係者間の情報の収集・伝達などの初期対応、本船への指示、模擬記者会見などを実施した。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集