名鉄運輸/3月期の売上高5.7%増、営業利益6.5%増

2012年05月10日 

名鉄運輸が5月10日に発表した2012年3月期決算によると、売上高896億8900万円(前年同期比5.7%増)、営業利益31億9200万円(6.5%増)、経常利益30億9900万円(8.0%増)、当期利益21億800万円(70.1%増)となった。

貨物自動車運送事業は、営業面では、営業マンの能力を向上させることにより、顧客へのサービス対応を強化した。

貨物自動車運送事業の売上高は、四国名鉄運輸の連結子会社化の効果もあって759億1900万円(6.8%増)となった。

航空利用運送事業では、国際貨物運送事業を他社に移管したことや、国内貨物運送事業の輸送量減少の影響により、売上高は減少した。

航空利用運送事業の売上高は、82億1300万円(1.2%減)となった。

来期は、売上高940億円(4.8%増)、営業利益27億円(15.4%減)、経常利益25億円(19.3%減)、当期利益12億円(43.1%減)。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集